• 「京都丹後着物 - 着物づくりの町探訪」Tango Kimono - A visit to the town of kimono craftsmanship

    0コメント
    「京都丹後着物 - 着物づくりの町探訪」Tango Kimono - A visit to the town of kimono craftsmanship
    A little while ago I was invited by kimono researcher and friend Sheila Cliffe to join her on a short trip to Amanohashidate (天橋立) for some kimono fun. ごきげんよう。暖冬といわれていますが、やっぱり寒いですね。来週には関東地方で、雪が降るらしいです。インフル、ノロ、コロナと様々な病気がはやっています。マスクより、手洗いと人が多いところにはできるだけ行かないことが、何よりの防御策なんだそうです。体調管理お気をつけて。 さて、少し前になりますが、師匠でもあり友人でもある着物専門家 シーラ・クリフ先生(シーラさんと呼びます)からのお誘いで、丹後地域、そして、その地域を代表する観光地 日本三景・天橋立(宮津市)や与謝野町を訪問する機会をいただきました。 訪問したエリアは、丹後地方に位置し、着物づくりや伝統工芸で有名な場所です。 The town is part of the Tango (丹後) region – famous for its kimono makers and craftsmanship.If you hear about the famous Kyoto “Nishijin-ori” weave (西陣織り) or “Chirimen” (縮緬) crepe fabric as well as...
  • Silk Screen Print Hachiman Senshoku in Kyoto シルクスクリーン、京都「八幡染色」さんを訪ねて

    0コメント
    Silk Screen Print Hachiman Senshoku in Kyoto シルクスクリーン、京都「八幡染色」さんを訪ねて
    In the Southern area of Kyoto station, you can find some dye factories. This time, we had the pleasure to visit one of the famous dye companies in Kyoto, specialized in silk screen printing.  Mr. Yamaguchi is the owner of the company, HACHIMAN SENSHOKU.His father started the company in 1939 in Kyoto. ごきげんよう。いかがお過ごしですか?かなり夏らしくなってきましたね。 京都というと京都タワー側(東本願寺側)にいくことが多いと思いますが、八条口側(東寺が見える方)をさらに南にいくと着物関係の職人さんが多くいらっしゃいます。一昔前は、京都中に沢山いらしたんですけど。。(初めからシメっぽいっですが、気を取り直して・・・(笑)、今回は、京都での染色屋さんの一つに伺うことができましたのでご紹介させてください。 今回、うかがったのは、八幡染色有限会社さんで、社長の山口 泰成さんにご案内して頂きました。 この会社は、1939年(世界は第二次世界大戦に向かっている時代でした。また、マフィアのアル・カポネがアルカトラズ刑務所から釈放された年でもあります)に京都で山口さんのお父様が始められたんだそうです。 Mr. Yamaguchi 山口さんです! Yamaguchi, his younger brother...
  • 「悉皆業とは?」Kimono cleaning & maintenance workshop visit

    0コメント
    「悉皆業とは?」Kimono cleaning & maintenance workshop visit
    Ever wondered how kimono are cleaned or maintained? A while back I had a pleasure to visit ANDO TAKASHI Dye Factory – a traditional company which does professional cleaning and restoring of kimono as well as new made to order kimono (“ANDO”). こんにちは。いかがお過ごしですか?最後に着物を着たのはいつでしょうか?毎日着れるなら、着たいお着物ですが、食べこぼしとか怖いですよね。 少し前ですが、着物の洗い張りや修理及びオーダーメードの着物をしておられる安藤孝染工場(以下、安藤)さんにお話を伺いながら見学させていただきました。 Curious as to how such an operation may look from the inside I paid them a visit. The staff of...
  • 「浴衣の型紙」How to: Yukata Pt.1 / Traditional stencil cutting

    0コメント
    「浴衣の型紙」How to: Yukata Pt.1 / Traditional stencil cutting
    For a long time I wanted to make my own design kimono or yukata the traditional way. In April I finally went onto a tiny journey to make this happen. 前から自分でデザインした着物が欲しかった。そして伝統的な技術を味わいながら作品を作る夢がありました。 そして、ついに今年の4月にその夢は現実になった! Here is my story. How to: Yukata Part 1 – Japanese stencil cutting 浴衣の作り方:パート1 ー 着物の型紙を彫る Before departing I found some information about a newly to be opened place where you can cut your...
  • 「和裁」Wasai - The art of kimono sewing

    0コメント
    「和裁」Wasai - The art of kimono sewing
    Last year in October I started with Wasai (和裁) – traditional kimono sewing by hand. I am being taught by a sensei which has been a professional kimono tailor for over 50 years. My lessons are once every week for 5 hours to learn the art of kimono sewing. To be honest – it is quite tough! One wouldn’t think how many hours, days...
  • 「秩父銘仙:新啓織物 ほぐし織り」Chichibu Meisen Hogushi Weaving

    0コメント
    「秩父銘仙:新啓織物 ほぐし織り」Chichibu Meisen Hogushi Weaving
    (Continuing from my previous article about Chichibu Meisen Museum & Nassen dyeing.) 秩父銘仙や捺染の続きです。 If you have read my introduction of Meisen and Nassen dyeing you might be curious now what would happen to those silk threads after they got their lovely design and colour? To find out we visited Arakei Orimono a small traditional family owned factory workshop in Chichibu, Saitama who kindly opened...
このウェブサイトのCookie設定は、全ての機能をご利用頂けるよう「すべてのCookieを許可する」に設定されています。サイトを引続きご利用するには、[Cookieを受け入れる]をクリックして下さい。
登録が完了しました!
このメールはすでに登録済みです